葬式について

葬儀

宗派により葬式は違います

身内や大切な人が亡くなった時は、気持ちが動転している事が多いですが、まずは葬儀会社に連絡をしましょう。神戸市は様々な葬儀会社がありますが、宗派によって行われる葬式が違います。神戸市内の葬儀会社に連絡をすると、市役所への死亡届けや保険会社への連絡など、様々な事をアドバイスしてくれます。お通夜や告別式の準備などは葬儀会社のスタッフが中心に行ってくれます。葬儀に必要な費用は、会場の規模やスタッフの人数によって異なります。例えば、故人が会社の役員であった場合は、葬式には親族の他にも多くの会社関係者が出席します。したがって会場の規模や人件費も多く必要となるために、費用は数百万円になる場合があります。また故人が生前に信仰していた宗教によっても葬儀は異なります。故人が生前にキリスト教を信仰していた場合は、神戸市内の教会で葬儀が行われます。この場合、故人の家族が心労などで喪主を取り仕切る事が困難な時は、葬儀会社のスタッフが家族に代わって参列者に挨拶をしてくれます。神戸市内の多くの葬儀会社は、無宗教であっても立派な葬式を行なってくれます。この場合、故人が花が好きだった場合は、棺に沢山の美しい花を添えてくれます。また葬儀会社のスタッフに、生前の故人が好きだった音楽を伝えていた場合、葬式でその音楽を流してくれます。それによって、生前の故人の思い出を偲ぶ事が出来ます。また仏教の場合は、仏滅や友引を避けるようにアドバイスしてくれます。

Copyright© 2018 多様化するお葬式【プランが充実している】 All Rights Reserved.