自分の葬儀を自分で決める

棺桶

トラブルを避けるためにも

最近、お葬式を巡って、遺族同士がトラブルになる事例が増えています。そのようなケースは、故人が自身の葬儀に関して遺言を遺していることが殆どです。故人の葬儀の考え方に対する違いから、配偶者や子供、親戚の長老などが相争うというものです。故人の遺志を尊重しようとする家族と故人の親兄弟が争う事例も増えています。門真市に住んでいたある紳士は、自身の葬儀は家族葬でと希望しました。彼の妻や子供たちはその遺志を尊重して、細やかなお葬式を挙げようとすると、古い考えの親戚から待ったが入りました。由緒ある家柄の出身であった彼には、葬儀の儀式性を重んじる親戚が大勢いたのです。自分が死んでから、肉親同士が争うの何としても避けたいところです。この事例を受けて、門真市にある葬祭会社では、終活の一環として、自身のお葬式についての取り決めをはっきりさせる活動に力を入れています。終活の方向としては、どうしても財産関係の配分などが主になり、葬儀に事までは触れていない人も多いと言います。そこで、門真市の葬祭会社では、各人の葬儀の在り方についてもフォローしていく形を整えるようになりました。自分の葬式が何時になるなんて、誰にも分かりません。それだからこそ、家族や周りが慌てない対策も必要になるのです。生前に自分の葬儀について周囲の理解を得ておくことは、今後益々重要になる見込みです。門真市の葬祭会社では、この点を重視した終活を進めています。

Copyright© 2018 多様化するお葬式【プランが充実している】 All Rights Reserved.